【4コアCPU】新PSP"NGP"発表@PSMeeting2011【4コアGPU】

2011年01月27日 20:50

ngp1.jpg

ソニーはやっぱり神でした。

今日は午後3時から東京でPlayStationMeeting2011が開かれました。


PlayStationブランドの今後の展開の方針とかを発表するというものでしたが、やっぱり新らしいPSPが発表されましたねw

その名も"NGP"(Next Generation Portable)


このNGP、名前だけでなく、中身もまるっきり次世代と呼ぶにふさわしいものになっています。


なんとPS3のゲームをそのまま動かすことも出来るというNGP。

本体には、ARMのクアッドコアCPUとPowerVRのクアッドコアGPUを搭載と、動作・映像ともにとんでもない処理能力ですw

ついこの間まで、デュアルコアのCPU積んだスマフォの話で盛り上がってましたが、そんなの軽々超えてきましたねw

クロック数は明らかになっていませんが、今までに発売or正式発表されたタブレット・スマフォすべて含めて最高のスペックというわけです。


プロセッサの他にグレードアップしたものとして、ディスプレイに5インチ有機ELディスプレイを採用し、解像度も4倍(現行モデルが480x272なので、おそらく960x544ぐらい)になり、より高精細に。

また、今までゲームメディアとして、読み込み速度にやや難がある、光学ディスクのUMDを使用してきましたが、NGPではフラッシュメモリタイプのNGP専用カードを採用するとか。


また、PSPに無かった新たな機能としては、NTTの3G回線を利用して、ネットサーフィンやゲームのダウンロードができる(通話は不可)ほか、両面タッチパネル(タッチディスプレイ&背面タッチパッド)、GPS、Bluetooth、ジャイロセンサー、右側アナログスティック、カメラ2個(前面右・背面中央)などを新たに搭載し、見た目こそ大きく変わらないものの、大幅なモデルチェンジとなっています。



任天堂も、次世代携帯ゲーム機として、発売が間近に迫っている3DSを昨年発表しており、こちらのNGPはそれに対抗する形の商品であるべきもののはずでしたが、こうも違うともはや比較は不可能ですw


任天堂は3D映像によるリアルを求め、ソニーはグラフィックやモーションそのものの描写性能によるリアルを求める・・・・・・

・・・・・・もはや同じ携帯ゲーム機とはいえ、それぞれ違う道を歩み初めている気がしますw


価格や3G回線の契約方法などは明らかになっていませんが、年内に発売する予定とのこと。


下の画像はタッチパッドを搭載した背面になります。
続きに両面のタッチパッドを使ったゲームの動画を載せときました。(Engadgetさんより)

ngp2.jpg


参考:次世代 PSP "NGP" 発表。有機EL & 3G & 両面タッチ、年内発売 - Engadget



コメント

    コメントの投稿

    コメント時の注意
    基本的にコメントする際の制限はありませんが、一般常識として使ってはいけないと思われる言葉は、禁句として設定してあります。もし、コメントがうまく投稿できない場合は、そのような文字列が含まれていないか、確認してください。
    スパムコメントや、ふさわしくないコメントを見つけた場合は、直ちに削除させていただきます。
    URLまたはメールアドレスが入力せれていない非公開コメントには、返事ができませんのでご了承ください。

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://chibasultimateblog.blog43.fc2.com/tb.php/763-9e032b62
    この記事へのトラックバック

    リンク・コメント・ブロとも申請

    新着コメント

    ブロとも申請
    この人とブロともになる