「自由な文字@自由な文字.co.cc」のメールアドレスを「Google Apps」+「co.cc」で簡単に作る!

2010年01月30日 18:44

c-g.jpg

GmailとかYahoo!メールなど、有名なサービスだと自分の欲しいメールアドレスがとれなくて、やむ終えなく誕生日とか自分に関わる数字をいれたりしないといけないことってありますよね?
(例:ultimate@~~~←登録不可 ultimate1003@~~~←登録可能)

自分はそう言うのが嫌なので、自分でメールサーバー立ててやろうと思ったのですが、サーバーは電源をつけっぱなしじゃないといけない!w


うちはそんなことできないので、代わりにGmailのサーバーを使わせてもらうことができる、「Google Apps」を見つけたわけですw


以前から数回紹介している、「Google Apps」ですが、少々知識が必要で、詳しいやり方等は説明していませんでしたが、「co.cc」というところのドメインをとって使うと、簡単に知識のない人でも設定できて、

「自分の好きな文字列@自分の好きな文字列.co.cc」

のようなオリジナリティーの高いメールアドレスを作ることができます!


もちろんこのアドレスは、Gmailで管理できるほか、携帯に転送するように設定し、携帯の方でもちょっと設定すれば、携帯電話でもそんなメールアドレスを使うことができます!

Google AppsのGmailでは、無料で50個までアカウントを作ることができ(アカウントは@より前の文字のこと)「pc@●●●●.co.cc」や「mobile@●●●●.co.cc」などのアカウントを作れば、いろいろな機器用に使い分けることもできます!

特に携帯電話などは、機種変更でメールアドレスが変わったりしても、「mobile@●●●●.co.cc」のようなアドレスを作って使っていれば、転送先の設定を変えるだけで、同じアドレスのまま使うことができます!

まあとにかく用途がいっぱいあるわけです。

作っておくだけで便利!


1時間半~2時間ぐらい、メールがつかえるまで時間がかかりますが、簡単なので、時間がある時にでもやってみてください!


↓↓図解解説!!
1.まず、「co.cc」でドメインを取ります!

ドメインとは・・・下の図でいう右側のところ。左側は、一般に「ユーザー名」や「アカウント名」と呼ばれます。
mailserver1.jpg

  1. co.ccにアクセス!

  2. 入力欄に欲しいドメインを入力します。(日本語対応ですが、Google Appsではあまりおすすめしません。)
    c-g2.jpg

  3. 「使用できるか確認する」をクリックした後、次の画面がでるので、登録可能かと、登録料を確認します。
    c-g3.jpg
    ※このとき、年間ドメイン登録料が$0になっていないと、お金がかかってしまいます。ultimateなど英単語として使われる言葉は、有料になる場合が多いので、その場合は、ul-timateなど、区切る等の工夫をしましょう。

  4. 登録を続けるをクリックするとログイン画面になり、未登録の場合は、アカウントを作成をクリックします。
    c-g4.jpg

  5. 登録画面で必要事項を入力します。
    住所などの情報を入力したくない場合は、適当に入力して、あとからその情報を削除出来ます。(バクによるものなので、いつか削除不可能になる可能性あり)
    ※電話番号は、適当に入力すると、他の方の迷惑になる可能性があるので、自分の番号を入力した後に、アカウント情報の編集で削除してください。
    c-g5.jpg

  6. 登録完了です。設定ボタンを押して設定画面に行き、ブックマークしておくか、タブや別窓で残しておき、その後Google Appsの作業は48時間以内で行うようにしてください。
    c-g6.jpg

アカウント情報での住所等の削除方法
※バグによるものなので、修正されて不可能になる場合あり。

  1. ログイン後、左側のサイドバーからMy Profileを開きます。
    c-g7.jpg

  2. 現在登録されている情報が表示されるので、右下の方にある、「Go Edit」をクリックします。
    c-g8.jpg

  3. 消したい情報の欄を空にし、「Edit Profile」をクリックします。
    c-g9.jpg

  4. 次の画面が表示されれば、完了です。(できない場合は、バグが修正され、削除不可能になったのだと思ってください。)
    c-g10.jpg


2.次に、「Google Apps」への登録・設定をします!

ここからは、「ti-mate.co.cc」というドメインを例に説明したいと思います。

  1. Google Apps Standard Editionへアクセスし、右の「開始方法」をクリックします。
    c-g11.jpg

  2. 「既存のドメイン名を使用する」で、「管理者~~~」にチェックを入れ、取得したドメインを入力し、次へ進むをクリックします。
    c-g12.jpg

  3. 必要事項を入力し、次へ進むをクリックします。
    c-g13.jpg

  4. 管理者用アカウントを作ります。管理者用アカウントということでとりあえず例では「admin」にしましたが、はじめから自分が使いたいアカウントを作ってもいいです。
    必要事項を入力し、利用規約を熟読した上で、「同意して、設定を続行」をクリックしてします。
    c-g14.jpg

  5. 正しく登録されると、管理ページに飛ぶので、「ドメインの所有権を確認」をクリックします。
    c-g15.jpg

  6. 確認方法を選択...で「CNAME レコードを変更」を選択します。
    c-g16.jpg

  7. 「2.次の固有の文字列を使用して新しい CNAME レコード・・・」の下にある、googleffffffff・・・・の文字列をコピーします。
    c-g17.jpg

  8. 別ウィンドウまたは別タブで、co.ccの管理画面を開き、「Manege Domain」で、ドメイン横の「設定」→同じくドメイン横の「設定」をクリックして、設定画面に移動します。
    c-g18.jpg
    c-g19.jpg

  9. 「3.URL Forwarging」をクリックし、「Google Apps Email Setup」にチェックを入れると、フォームが出てくるので、先程コピーした「googleffffffff・・・・」を「CNAME record」の下の欄に貼り付けます。
    一応URL転送ということで、自分の何らかのサイトのURLを載せないといけないようです。
    せっかくなのでURL転送サービスとしても使ってみましょう。URL転送先のサイトはGoogle Appsには特に影響しないので、自由に設定してください。
    c-g22.jpg

  10. 「設定」をクリックし次の画面がでれば、co.ccでの設定は完了です。
    c-g23.jpg

  11. Google Appsのウィンドウまたはタブを開き、手順7の画面で「確認」をクリックします。
    もし、Google Appsのウィンドウまたはタブを閉じてしまった場合は、再度Google Appsを開いて、手順5~7の手順で先程の画面に戻って、「確認」をクリックしてください。

  12. 管理画面に戻るので、少したってからリロードすると、手順5の「ドメインの所有権を確認」のあたりの表示がなくなります。

  13. 管理画面の「メールを有効にする」をクリックします。
    c-g24.jpg

  14. いろいろと難しそうな説明が書いてありますが、これはco.ccが勝手にやってくれるので、そのままページを下に送って、「指定された手順を完了しました。」をクリックします。
    c-g25.jpg

  15. 管理画面トップに戻り、メールのところを見ると「MXレコードを確認中」と出てくるはずなので、少し経ってからリロードし、「Google のサーバーをアップデートしています」とでるのを確認します。
    c-g26.jpg

  16. 書いてある通り、サーバーのアップデートに1時間かかるので、しばらく暇つぶしをしててくださいw
    1時間経過後、リロードし、下の画面がでればメールが使用できます。
    1時間経ってもまだ終わっていない場合があるので、その時はまた少し経ってからリロードしてください。
    c-g28.jpg

  17. 一応メールサーバーの設置は完了しました。早速右上または「メール」のしたのURLから受信トレイを開いて自分のほかのアドレスにメールしたり、他のアドレスからできたアドレスに送ったりしてテストしてみましょう。
    c-g27.jpg

  18. ※以上でメールアドレスを使うことができるようになりました。以下は必要に応じて設定してください。
  19. 管理用アドレスと自分が使うアドレスを別にする場合、または他のユーザーを追加する場合は、「ユーザーを追加」をクリックします。
    c-g29.jpg

  20. 新しく登録したいアカウントの情報を決めて入力し、「新しいユーザーを作成」をクリックします。
    c-g30.jpg

  21. 次の画面がでれば、ユーザーが登録されました。作ったユーザーアカウントでログインすればそのアドレスが使えます。
    c-g31.jpg

これでGoogle Appsの登録までの流れと大体のアカウントの説明は終わりです。

あとは、普通のGmailと同じように使えるので、転送設定などを必要に応じて行ってください。

3.Enjoy!!!!


コメント

  1. たっとぅ~ | URL | -

    GoogleApps、重宝してますw
    自宅外からのPCからSNSやらログインする時に、フリーの長いアドだと打つの面倒だったんですよねー。人に教えるときも面倒だったし。

    Google先生バンザイ。

  2. 千葉サン | URL | HIvF/yT2

    Re: たっとぅ~

    Google師匠やっぱすごいですよねw

    先生じゃなくて師匠ってよんじまった(あ

    しかもいろんな無料サービス提供してくれててとっても助かりますねw

  3. sisho須小

コメントの投稿

コメント時の注意
基本的にコメントする際の制限はありませんが、一般常識として使ってはいけないと思われる言葉は、禁句として設定してあります。もし、コメントがうまく投稿できない場合は、そのような文字列が含まれていないか、確認してください。
スパムコメントや、ふさわしくないコメントを見つけた場合は、直ちに削除させていただきます。
URLまたはメールアドレスが入力せれていない非公開コメントには、返事ができませんのでご了承ください。

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chibasultimateblog.blog43.fc2.com/tb.php/617-ca1f4d1d
この記事へのトラックバック

リンク・コメント・ブロとも申請

新着コメント

ブロとも申請
この人とブロともになる