USBフラッシュメモリを弄ってみた

2009年04月22日 21:11

手ぶれしちゃった

えーそれほど暇なわけじゃなかったけど、とりあえず時間があったので、余ってた1GBのUSBフラッシュメモリ(以下USBと表記)に、いろいろとソフトをぶっ込んでみた。


まずUSBにもととなるPortableApps.com Platform(以下PAPと略)をインストールする。

すると、USBに10ぐらいのソフトがインストールされ、タスクバーの通知領域の部分にPAPのアイコンが表示される。

それをクリックすると、Windowsのスタートメニューみたいなのがでてきて、USB内のソフトやファイルに簡単にアクセスできるようになる。

しかも、PAPのパッケージでインストールソフトだけではなく、あとから自分で追加したソフトにも簡単にアクセスことができるようになる。


方法と自分が入れたソフトとかは続きをクリック↓
だいたいわかるだろうと思うけど、一応自分でソフトを追加するときのやり方。理解すれば簡単だね。PAPをインストールしているのが前提。

エクスプローラでリムーバブルディスク(PortableApps.com)内の、PortableAppsのフォルダを開く。

で、次に、入れたいソフトのアプリケーション本体と、そのプログラムファイルをそこに入れる。ただそれだけ。

もともとパソコンに入ってるソフトなら、プログラムファイルの、ソフトのフォルダごとコピーしてPortableAppsにフォルダごと貼り付けるだけでいいはず。

コピー
貼り付け


フリーソフトなら、大体の場合ちゃんと動作するけど、シェアウェアとか市販のソフトとかのコピー対策がしてあるソフトだと動作しないかも。

もしそれで動かなければ、方法をしらべてみてください。ソフトによっては、動作させる方法があるかもです。

いちばんいいのはどっかで配布されてるポータブル版を使うこと。これが確実。俺もいくつかポータブル版つかった。

ちゃんと方法書こうと思ったけど、何かぐだぐだになったねw



ここからは入れたソフトの紹介。

まず、パッケージで入れたソフト。

  • ClamWin
  • CoolPlayer+
  • Firefox
  • KeePass
  • Mines-Perfect
  • OpenOffice
  • Pidgin
  • PNotes
  • Sudoku
  • SumatraPDF
  • Sunbird
  • Thunderbird

以上12のソフトたち。とりあえず半分ちかく何のソフトかよく理解できない。暇つぶし的なゲームもはいってるっぽい。

次に、自分で追加したソフト。

  • 携帯動画変換君
  • Audacity
  • BonkEnc
  • FFFTP
  • GIMP
  • Opera
  • Google Chrome
  • Skype
  • SmileDownloader
  • VLC Media Player
  • QTConverter
  • 縮小専用。
  • 簡単バナー
  • Moza
  • デスクトップメジャー「測ルンです」

以上の15のソフトたち。よく使うソフトを集めたつもり。

ってことで計27のソフトを積みますた。で、約669MB使用。

で、こんなかんじになっとります。↓
①
②

上の画像のようにソフトのほかにも、ドキュメントとかミュージックとかいうUSB内のフォルダに簡単にアクセスできるようになってます。


以上。ノシ


コメント

    コメントの投稿

    コメント時の注意
    基本的にコメントする際の制限はありませんが、一般常識として使ってはいけないと思われる言葉は、禁句として設定してあります。もし、コメントがうまく投稿できない場合は、そのような文字列が含まれていないか、確認してください。
    スパムコメントや、ふさわしくないコメントを見つけた場合は、直ちに削除させていただきます。
    URLまたはメールアドレスが入力せれていない非公開コメントには、返事ができませんのでご了承ください。

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://chibasultimateblog.blog43.fc2.com/tb.php/315-132ff356
    この記事へのトラックバック

    リンク・コメント・ブロとも申請

    新着コメント

    ブロとも申請
    この人とブロともになる